« レーガン meets ゴルバチョフ | トップページ | パリス vs アメリカ »

2007年6月 8日 (金)

シャラポワ、決勝前に完敗。

 シャラポ(いつも僕はこう呼ぶ)が負けた。フレンチ・オープン、セミ・ファイナルでだ。
 相手は、セルビアの19歳、アナ・イワノビッチ。無名だがWTAランク・7位の選手で、クウォーターでは、WTA3位のクズネトゥアを倒してて、実力急上昇中。
  そしてこのセミでは、2位のシャラポを倒した。2セット、69分のゲームで、シャラポは3ゲームしか取れなかった。まさに完敗だ。63 
 またこの2人は、今年冬の東京で対戦している。その時は、シャラポのケガによる棄権負けだった。その時、トレーナーが彼女に施した太ももマッサージが記憶にある人もいるだろう。
 ちなみに、僕はその試合をTVで見る自分をパロったコメディーをYouTube.に送ってて、このブログのサイド・バーにも貼ってるんで、笑いたい人は見てください。たぶん、笑えるはず。
 さて、この試合に戻ると、このココログに掲載されてるフローラン・ダバディーさんのブログにも書かれてるように、このゲームのシャラポのプレイは単調すぎた。
 シャラポは、ハードヒッターが相手だと、それと同じように打ってでて力負けして終わることが多い。彼女の負け試合の1番のパターンと言える。前回グランド・スラム、オーストラリアンの決勝のセリーナ戦でも、そうだった。
 で、そうなる原因は、もちろん彼女のクレイジーな負けず嫌い病にある。
 
 またダバディーさんのブログには、今大会のロラン・ギャロスでのシャラポに関するエッセイがある。それは、ホントに素晴らしい内容で、彼女のテニスに関して知ってるようで、何も知らなかった自分に気づかされた。
 フランス大統領選に関するエッセイもそうだったが、ダバディーさんのブログはいつも何かに対する、新鮮で深遠な視点を与えてくれる。
 これを読んでくれてる方の中に、シャラポがテニス選手として、どこがズバ抜けてるのか知りたい人は、このダバディー・ブログを読んで下さい。 
  ところで、僕はシャラポの大ファンだ。彼女がグランド・スラムで負けると、いつもすごい虚脱感を覚える。
 カラダの中にあった大きな熱がフっと消えてしまったような感じ、自分の中の1部が死んでしまったような感じだ。アホらしくも、僕はそれくらい彼女にイカレてる。最近、イチローの連続試合安打が途切れた時にも、それを感じた。
 まぁ、シャラポの真価はウィンブルドンでこそ発揮されるので、それに期待しよう。

 このブログが良かったら、1クリック・プリーズ。人気blogランキング
 

|

« レーガン meets ゴルバチョフ | トップページ | パリス vs アメリカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194203/6708926

この記事へのトラックバック一覧です: シャラポワ、決勝前に完敗。:

« レーガン meets ゴルバチョフ | トップページ | パリス vs アメリカ »