« “LIVE EARTH” ウェブ体験記。 | トップページ | 世界陸上、北欧の美しきケモノたちが丸亀にやって来る。 »

2007年7月29日 (日)

さようなら、オシム。

  AFC.アジア・カップ、2007-Vietnam. 7月最後の土曜の夜、その日韓戦を見ながら、これを書いている。もし、これが決勝の舞台ならBlogなど書きながらユウチョーに見れなかっただろう。何しろそうだったら、ちょうど10年前、Wカップ出場をかけたソウルでの試合以来となる、超真剣モードの日韓戦になってたからだ。けれど、このアジア・カップの日韓戦のブタイは、3位決定戦だ。にしても、日韓のライヴァル意識はまだ健在で、両チームともモチベーションは決勝並みの高さだ。今もTVの向こうでは壮絶なつぶしあいが続いてる。
 とはいえ、3位決定戦に変わりはない。選手のパッションがいかに大きくとも、見る側の空しさは埋められない。Ac07osimappointment004
【2試合で、オシムにはウンザリ】
 何にしても、この試合の結果を待たず、サッカー日本代表チームが次にやるべき事は1つ。
 それは、オシム監督をクビにするという事だ。もちろん僕も、日本のサッカー界ではこの展開が現実的じゃないことは分かってる。「就任1年で、それは早い」「オシム・サッカーが成熟してから判断すべきだ」 日本のファンやサッカー協会やメディアの多数派は、こんな反応を見せるだろう。
 僕は、オシム・サッカーをこのアジア・カップで初めてじっくりと見てみた。Q.F.と、S.F. トーナメントのこの2試合だけだが、僕にはそれで充分だった。オシムにウンザリするには、充分な2試合だった。それを通して、2年後のWカップ予選における日本代表がイメージすることも出来た。そしてそれは、悲惨な姿だった。
【トゥルシエよりも劣るオシム】
 オシムを1言で表せば、ジコチューの独裁者型カントクだ。自分を過信してて、どのゲームでもチームの主役は選手じゃなくて、自らの戦略というタイプ。と、書けば、前々回の代表監督、トゥルシエを思い出す方もいるだろう。彼もまたピッチの選手のアイデアや個人技は、自らのプランのおまけといった考え方を持っていた。この2人はその点で酷似している。そして、それはどんな世界にも通じるダメ・リーダーの典型だ。
 また、オシムの目指す、日本人の利点を生かした、“超高速、連係サッカー”。これは、すでに5年前、トゥルシエが達成したことでもある。そして、韓日Wカップ、トルコ戦の敗退で、日本のサッカーファンはその戦術の限界を思い知らされたのだ。
 要するに、このアジア・カップ-07におけるオシムは、トゥルシエの過ちをもう1度繰り返そうとしてるようにしか見えない。このアジア・カップに見る日本代表もトゥルシエ時代と変わらず、ゲームとボールは支配するが、決定力がないために試合を取りこぼす同じ悪循環にハマっている。
 いや、オシムに較べれば、まだトゥルシエの方がマシだった。彼はガンコな哲学を持ちながら、選手起用に関しては柔軟で、積極的に若手を試し、またチーム内で海外組の選手を尊重した。自らのプランを狂わしかねない個人技にすぐれた彼らをチームに歓迎したのだ。
 1方、オシムは、自分の戦術に従順な国内組のコツブ選手中心のチーム構成にしてる。カンペキな独裁体制だ。このアジア・カップのメンバーでそれを象徴してるのが、この3人。エンドウ、コマノ、カジだ。いったい、彼らはトーナメントの2試合で何度、マヌケなシュートを打ったり、精度のせの字もないクロス・ボールを上げたりしただろう。にもかかわらず、オシムは3位決定戦の日韓戦でも、彼らを先発起用している。そこにもまた、彼の無反省な過信ぶりが見れる。Pic45722
【采配なき日本の監督達】
 試合中の采配という点でも、オシムはひどい。これはトゥルシエ、また前監督のジーコの2人にも共通してるが、彼らの辞書に采配という文字はない。つまり、選手交替の判断が異常にトロく、かつセオリー通りで保守的なのだ。オシムの場合、このアジア・カップでのオーストラリア戦にそれがハッキリ出ている。後半、1-1になった後、オージーのDFが高原へのファウルで退場になった。けれど、その1人多い状況でも、オシムはまったく動かなかった。ただ、時の流れと共に、疲れた選手と同じポジションの選手を入れ替えただけだ。つまり、それはただの燃料補給であり、采配じゃない。ピッチの選手からすれば、監督不在で闘ってるようなもんだ。優れた監督なら、試合の流れと共に、当初のプランをひっくり返すような臨機応変性を見せる。それには、勇敢さや独創性が必要だ。1方、この3人の監督にあるのは戦前のプランだけで、どんな試合になってもそれを変えられない。
【不完全燃焼な過去2度のWカップの原因】
 とにかくオシムには、このアジア・カップ-07だけで充分ウンザリさせられた。日本と同じく、この大会で決勝に残れなかった実力国、オーストラリア、イラン、そして韓国の3国はすでに監督の解任を発表している。世界のサッカー界では、それが常識だ。大きな大会で、悪い試合内容で、実力以下の結果が出れば、カントクは必然的にクビになる。けれど、非常識な日本ではそうならない。
 過去2大会のWカップにおける日本の最大の敗因は何だっただろうか?
 それはカントクだ。少なくとも僕はそう確信している。無能なカントクのクビを切れず、Wカップまで延命させた結果、両大会ともに不完全燃焼な敗退をすることになった。
 5年前、韓日Wカップで、日本が負けたTurkey戦。その1番の敗因は、トゥルシエの実験的プランだ。このチームはオレのもんだと言わんばかりに、それまで勝ち続けてたチームをいじくり回し、試合中にはそれまでのチームの得点元だったイナモトを途中交替させた。去年のWカップでの予選敗退もまた、ジーコが引き金になった。彼にはそもそも采配どころかゲーム前の戦略すらなく、あるのは永久に変わらない固定レギュラーとお約束のサッカー・セオリーだけだ。予選のオージー戦では、後半次々と攻撃プランをくり出す名匠ヒディンクに対し、ジーコはただベンチの前をウロチョロしてただけだ。
【浪費させられた黄金世代】
 今回、このアジア・カップ後もオシム監督を長々と延命させれば、同じ悲劇を繰り返すだろう。それはWカップのブタイじゃなく、その予選のブタイであってもフシギじゃない。
 サッカー日本代表チームは黄金世代のピークをすぎた。すでに中田ヒデはいない。日本では50年に1人とも言える天才が、すでに早すぎる引退をしている。 前の2人のカントクが延命できたのは、この黄金世代の活躍によって結果が出てたからだ。今も同じだが、当時の日本のファンやメディアは、カントクを試合内容じゃなく結果だけで判断してた。なので、トゥルシエがシドニー・オリンピック、QFのアメリカ戦、この敗戦で無采配さをさらけ出しても、予選を突破したというだけで彼を許した。ジーコの場合は、前回のアジア・カップ全般で無能さをさらけ出しても、優勝した事でそれに目をつぶった。今振り返れば、この黄金世代の日本代表チームを、この2人のカントク初心者に預けたことは、トホ----もなくもったいないことだった。Jfa20060204zico
【バッジオが言う、冷めたスープとは?】 
 オシムの次に必要な監督の理想。それは確固とした哲学とプランを持ち、かつ試合中にそれをひっくり返すほどの臨機応変なアイデアを出し、勇敢にトライできる人。そして、自分の戦略と同じくらい、ピッチの選手の個性と判断を尊重できる人。叶いがたい理想論だが、とにかくそういう人が欲しい。
 さようなら、オシム。あなたが、もしこのアジア・カップ後も日本代表監督であり続けても、僕には関係ない。あなたは今、僕の心から消えようとしている。さようなら、オシム。
 イタリアのサッカー伝説、ロベルト・バッジオが自伝の中でこんな皮肉を言ってる。彼はビッグ・クラブの監督に返り咲いた元大監督のリッピに対し、こんなコメントをする。
 「冷めたスープを温めなおしても、元の味には戻らない。だけど、イタリア人には、冷めたスープを好きな人が多いんだよ」 オシムよ。あなたもこのバッジオが言うところの冷めたスープにすぎなかった。そして、不幸にも日本人もまた、冷めたスープを温めなおすのが好きな民族なのだ。■
 PS
 といった具合に長々とブログしてる間に、アジア・カップ-07の3位決定戦は終わった。PK戦の末に、韓国が勝利した。内容は、PKの勝ち負けを逆にすれば、QFのオーストラリア戦そっくりのヒドイものだった。過去の2監督と同じく、試合中にプラン変更の出来ないオシムの無能さがあらためて証明されたワケだ。
 その後、日テレのうるぐすを見ると、元代表のタケダが出てて、オシム解任世論にあの手この手で反論してた。その姿は、怒りやアキレを通り越して、哀れみを誘うものだった。彼もまぁよくここまで日本サッカー界の腐りきったシガラミにとらわれたもんだ。彼の姿は、今回のアジア・カップを受けた日本サッカー協会とメディアの象徴的な態度でもあるだろう。そして、彼らはまたあの老いた大男、あの冷めたスープをもう1度温めなおそうとする事だろう。■

|

« “LIVE EARTH” ウェブ体験記。 | トップページ | 世界陸上、北欧の美しきケモノたちが丸亀にやって来る。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194203/7312536

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら、オシム。:

» バレーボールについて [バレーボールについて]
バレーボール 女子バレー、男子バレーについて。。自分のバレーボール経験なども書きました。メンバーのことも解かるのでぜひ、見てね!! [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 09時49分

« “LIVE EARTH” ウェブ体験記。 | トップページ | 世界陸上、北欧の美しきケモノたちが丸亀にやって来る。 »