« 孤立と自己ギマンの果ての原爆。<前半> | トップページ | マドンナとジョン・レノンに見る世界の変え方。 »

2007年7月19日 (木)

魔女と悪女のサマンサ

Imgtalk3

木村カエラのニューシングル、“SAMANTHA”が発売された。とはいえ、僕はCD.を買うつもりはない。なので、これはアフィリエイトなレヴュー記事じゃない。
 買わないのは曲が気に入らなかったワケじゃなく、僕はNapster.の登場ぐらいから、CDそのものを購入しなくなった。それはオーゲサに言えば、1握りの強欲な所有者を優遇する社会への反逆精神でもあり、連中が世の貧富の差を広げてる元凶だ。だけど、1般的に見ても、i-Pod, i-Tunes, 革命後、CDレスな流れが主流になりつつあり、いい時代になってきてる。このまま、ハイテクが進めば、アーティストと受け手の間にミゾがなくなり、インタラクティヴィティーが高まって、文化がどんどん豊かになってゆくだろう。その1方で、何かを所有してるというだけで、莫大な富を得てる連中は消えてゆくだろう。
【サマンサ違い!】
 と、いきなり横道にそれたが、今回は、カエラのニューシングル、“SAMANTHA”と、彼女についてのエッセイ。 僕はカエラの大ファンの1人だ。この曲のタイトル、“サマンサ”について、何かでアメリカのTVドラマの人気キャラから来てると読んだ。そこで、僕の脳内Google.サーチをすると、“Samantha Jones.”が引っかかった。彼女は、アメリカ・HBOの人気ドラマ、“Sex and the City”に出てくる4人のメイン・ロールの1人だ。キム・キャトラル演じるサマンサはとにかく、ファニーでボムシェルでビッチな役所で、4人の中でも圧倒的にキャラ立ちしてる。で、僕はカエラのこのサマンサも、彼女をモデルにしたものかと勝手に思い込んだ。
 「そういえば、長く延期されてた、SATCの映画版もこの夏にクランク・インするというし、カエラ、それに合わせたんかな。そうか、じゃあ、ニューシングルはエッチでエッジーな曲になるのか」などと思っていた。それから、YouTube.で、SAMANTHA.PVを見た。(下にYouTube.ボックスを置いたので、見たい方はどうぞ)
  するとその予想、また、そのポスターでグっと拳を握って2の腕のタトゥーを披ろうしてる迫力の彼女とは正反対の曲だった。まったく可愛らしいかぎりで、それにはポアンと口を開くしかなかった。「いったい、なぜ」そう思ってると、そのPVとリンクしたVids.に、カエラ本人がサマンサについて語るVids.があり、それをクリックした。そうして、やっとこの“Samantha”が、「奥様は魔女」のサマンサから来てるのを知った。それにしても、カエラ、あんたいくつなんだよ! 1つ世代上の僕でもそのアメリカの古典ドラマは見たことなく、最近何かで再ブームにでもなったのだろうか? にしても、SATC のサマンサへのオマージュ・ソングだったらと思うと、そっちの方が絶対いい!と思える。Baloon
【パイオニアなカエラ】
 曲レヴューすると、<★★★☆☆>という所。
 最初に聴いた時は、NO―――!という程に甘いものだが、聴くほどによくなってくるテイストもある。スウィートなメロディーとエッジーなビートが、1つに調和されたグルーヴになってて、まさにカエラ印の1曲とも言える。ポップ・パンクな曲をここまで上手く作れる女性シンガーは、今も昔も日本ではカエラだけだ。それ以前に、Avril Lavigneがそのマーケットを作ってたとはいえ、その点でカエラはパイオニアだ。彼女のファン層が老若男女と広いワケも、そういう柔軟さがあるからだろう。僕にとっても、彼女は日本で今1番お気に入りなアーティストだ。
 にしても、この、“SAMANTHA”では、キュート・テイストが強く、Snow Dome.以来、どうもそっちに流れすぎててバランスが悪い。カエラの今年のモットーは女性的になる事らしいが、音楽面で言うと、それは単にアイドル路線との妥協となって出て来ているように感じる。
【曲のコンセプト】
 またこの曲について、カエラは自らの、KAELABLOG.でこんな事を書いてる。(読みたい方は、コチラ
“これは、ダメ人間についての曲。人が自分について知れるのは、わずかなことで、多くは他人との関わり合い、ぶつかり合いの中で学んでゆくもの。そうやって自分を知ってゆかないと、自分を美化してしまう。それと逆に、自分のダメさを受け入れたら人の痛みが分かって、人に尽くす人間になれる。そんな願いがあって、この曲を書いた。”
 要約すれば、こんな感じだ。それはちょーど、僕が最近書いたブログ、パリス事件や原爆についてのエッセイの1st.テーマとも重なる。要するに、個人でも国家のレヴェルでも、コミュニケーションの喪失が、自己ギマンや自己神秘化を生み、それと現実のギャップがあらゆる事故や悲劇の元になっているということだ。
 また、カエラがサマンサに込めたこの思いは、人の心にとって最も大切な核でもある。とにかく、ここさえ注意しとけば、長い人生を歩む中で大きく道を誤ることはないとも言えるもんだ。
【多才なカエラ】
 また、カエラのBlog、には、こういう深い内容のエッセイが多くあって、30男の僕もいい勉強になる。カエラはあんなにパンクで可愛いのに、同時に物事をこんなに深く感じたり考えたりして、それを自分の言葉で表現することが出来るのか、と思わされる。最近はギターも弾くし、ステージ・ダンスも上手くなってきた。神様はこの小娘に、2ブツも3ブツ4ブツも与えたワケで、まったくいい加減にしろとも思えるけど。また、芸能人ブログの大半はゴースト・ライティングの産物だが、カエラ・ブログの内容は彼女のインタヴューやリリックにも反映されてて、何の疑いの余地もない。Kim
【どっちなんだろうね】
 先に、このニューシングル、“SAMANTHA”のモデルを「セックス・アンド・ザ・シティー」のサマンサにして欲しかったと書いた。けれど、こんなコンセプトを考えると、SATC.のサマンサでは成り立たない。カエラはこの曲の中で、奥様は魔女のサマンサを、優しく強く大きな女だと唄う。
 1方、SATCの悪女、サマンサは、6シーズンのドラマの中で、計100人以上の男とセックスしたと言われる。その意味で、彼女は素晴らしく大らかだ。だけど、その1方で、SATCの映画版が3年も延期されたのは、サマンサ役のキム・キャトラルが、S.J.パーカーよりギャラが低い事を理由に契約しなかったためだと言われてる。性的大らかさと、精神的大らかさ。いったい、どっちが上に来るもんなんだろうか?■

|

« 孤立と自己ギマンの果ての原爆。<前半> | トップページ | マドンナとジョン・レノンに見る世界の変え方。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194203/7205436

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女と悪女のサマンサ:

« 孤立と自己ギマンの果ての原爆。<前半> | トップページ | マドンナとジョン・レノンに見る世界の変え方。 »